ドイツの旅の仕方 > ドイツで生活 > 運転免許書

運転免許書

ドイツで、日本からドイツへの運転免許書の交換は、そこまで難しくありません。 しかも、一度切り替えると更新の必要もないのでとっても便利です。ドイツで免許を取ると、 EU中で車を運転することができます。それでは、条件や必要なものをみていきましょう!! 旅行者だと取れないからあしからず!!

実は、2か所行く必要があります。いきなり日本語の免許書をドイツ人に見せても訳が分からないので、まずは訳す必要があります。 そのために行くのが、日本大使館とか領事館です。私はベルリンの日本大使館に行きました!! 翻訳を作ってもらうために必要なものは、以下に示します。

  • 日本の有効な免許証
  • お金
  • パスポート

ぐらいだったかな。忘れた・・・笑
そして、その後にドイツの免許センターに行きます。必要なものは、

  • 住民登録票
  • 写真(35×45mm)
  • パスポート
  • 翻訳証明書

正直、ここらへんの情報はネットにいくらでも転がってるんです。 でも、実はここで一番必要なものはドイツ語力です!!!ドイツ語わかんなくて申請書がかけない・・・ってなわけで、 プリントをもらって出直すのが一番だと思います。あとは、分からないなりに聞くとかね!辞書はいがいと役に立ちませんでした。
もっと詳しく知りたい方は下記のサイトが参考になると思います。他のサイトによると翻訳料は15.5ユーロ、交換費用は35ユーロのようです。私もそれぐらいだった気がしてますが 正直忘れました。
在ドイツ日本国大使館
在フランクフルト日本国総領事館

免許を交換したくない方へ

ドイツの役所は働いている人でそれぞれ考え方が違うので、交渉したら何とかなるときもあります。 あるいは、仕事でいるから!って会社に紙に書いてもらうとか、日本に帰ってから、再発行手続きをすれば、持てるかもしれませんね。 日本で再発行する際に、海外でなくしたといえば警察署にいかずにそのまま免許センターで再発行できます。お金はある程度かかります。



より大きな地図で ベルリンの役所 を表示
TOPへ 次へ
inserted by FC2 system